1ヶ月1000円ミニ四駆 5月号

GW?何それ美味しいの?

どうもちょこです。

5月分のお買い物…を取り付けた写真をどうぞ。

f:id:choco3156:20210427143610j:image

今回の画像は慌てて撮ったこれしかないです。

どうにも写真撮りながら作る事に慣れていなく忘れてしまいます。ごめんなさい(_ _)

今回なにを買ったかというと…

①72mmシャフト

②ホイール

③キャップスクリュー

の3点です。

 

先月からの変更点はホイールを貫通して72mmシャフトに交換これでほぼ抜けないはずです。写真ではシャフトが飛びでてますがちゃんとゴム管被せてます。ベアリングを620にしてあげるとこのホイールなら大体ツラになります。

やり方は簡単で1.8mmのドリルでホイールのシャフトを刺す穴を貫通させるだけ。その際に出来るだけ真っ直ぐに貫通させましょう。ホイールピアッサーなんかがあると幾分気が楽になります。

 

続いてローラーセッティング。キャップスクリューを選んだ理由は単純に強度が高いからです。速度が上がった状態で柔らかいビスだとコーナリング中の衝撃やコースアウト等で曲がってしまってスラストが抜けてきます。安定性を求めて長いビスを使うのにそれが原因でスラストが抜けたら元も子もないです。

まぁその分負荷がプレートを止めているシャーシのビス穴に来るので対策無しだとビス穴がバカになります。プレートはビスとナットでしっかり付けてあげる方が無難ですね。

フロント側はローラー上に欠けたクラウンギヤの歯を落とした物をスタビとして再利用。確かギヤはPOMだったはずなので摩擦抵抗は低いので壁に当たっても最小限の減速でマシーンを支えてくれます。

リア側はたからばこセッティングを意識した高さに設定。上下のローラーの間にマシーンの重量物を収めるイメージです。

 

最後に少しだけ駆動系。前回フロントは詰めてリアを広げた結果予測通りリアのダメージが増えました。対策として紫ピニオンの歯を落としてツルツルにした物をリア側クラウンの後ろに付けてクリアランスを詰めました。

 

今月の変更点はこんなところです。6月号で買う予定の物は前後の引っ掛かり防止ステーと余裕が有ればマスダンパーあたり。

 

来月で一度1ヶ月1000円ミニ四駆に区切りをつけます。この先簡単にチューニングしていくとしたらローラーや軸受のフルベアリング化等になっていくので、そうなると簡単に予算オーバーです。軽量WA買うだけで1200円くらいしちゃうし。

 

というわけで今回はここまで!

 

しかし写真ないとホント分かりにくいな。次回からは忘れない様にします。

 

1ヶ月1000円ミニ四駆 4月号③

予算不足の為なにをしようか悩み中。

どうもちょこです。

 

今月は予算不足の為早々に走行不可になってしまったので…

f:id:choco3156:20210405212120j:image

ボディメイクしていきます。

と言ってもレギュレーション的にもボディ分割とか派手な事は出来ないのでミニ四駆定番の肉抜きと塗装ぐらいです。

 

まず肉抜き。

f:id:choco3156:20210405212156j:image

こんな感じで適当に抜く所をマーキングします。今回はARシャーシなのでシャーシ上部のダクトに走行風が当たるようにボディ中心部分を抜きたいと思います。画像では見えないですけどボディキャッチ上も風が抜けるように抜きます。

どの程度効果あるかは不明ですがなんとなくやりたいだけです。

正直肉抜きは自分がカッコイイと思うようにやれば良いと思います。

ただミニ四駆はコースアウトする物なので肉抜きしすぎると「ごめんよマグナム…俺が無茶な改造したばっかりに…」状態になります。

 

いい感じにマーキングできたら線の内側にドリルで穴を開けます。(写真忘れ)後で成形していくのである程度余裕を持たせた方が良いです。

そうしたら開けた穴を繋ぐようにニッパーで切っていきます。

f:id:choco3156:20210405215319j:image

こんな感じ。

あとはひたすらナイフとヤスリで成形です。

f:id:choco3156:20210405215435j:image

あとはお好みでメッシュとか貼ってあげるとカッコいいかもしれないです。

昔(25年くらい前)はメッシュも使いましたが色付きのペットボトルを切って貼ったりしてました。ジ○ジャー○ールとかね。

 

次は塗装の準備です。

f:id:choco3156:20210408020026j:image

紙ヤスリでひたすらに足付けです。

400番から番手を上げていって800番位までエッジ部分を潰さないようにボディ全体をヤスって細かいキズをつけます。

足付けすることによって塗料の食いつきがよくなり剥げにくくなります。ミニ四駆はコースアウトしてキズが付くので足付けはしっかりやりましょう。

足付けが終わったら中性洗剤でよく洗って脱脂もしっかりと。

今回使う塗料はこちら

f:id:choco3156:20210408020721j:image

全部ガイアノーツです。これでラップ塗装やってきます。

工程はほんとごめんなさい。写真撮り忘れました。塗装があまりにも楽しすぎて…。

大まかにやり方を説明します。

①全体をブラックで塗装

乾いたら

②クシャクシャにしたラップにシルバー

③②のラップでランダムにスタンプを押すようにポンポンと良い感じに①にシルバーを乗せる

乾いたら

④クリアカラーを塗装したら

f:id:choco3156:20210408021620j:image

完成‼︎最後にクリアでトップコートしてあげても良いでしょう。(僕はデカール貼りたくなったので貼った後にトップコートします)

タミヤカラーをイメージしました。

 

缶スプレーでも簡単にできるのでオススメです。

詳しくはラップ塗装で検索!

 

今回はここまで‼︎

 

1ヶ月1000円ミニ四駆4月号②

花粉症で息も絶え絶え。どうもちょこです。

実走してきました。

今回の重点チェックポイントは

①駆動系の耐久性

コーナリングスピード

以上の2点です。

 

…が、しかし。またしてもトラブル発生。

 

走行中ホイールがすっぽ抜けました…。

 

原因はメンテナンス時の抜き差し、又はシャフトやホイールのブレで穴が広がった等だと思います。

しかし、こんなに早く抜けたっけな…ホイールの素材によってもかなり違いがありそう。素材に関しては詳しくないのでこれを期に調べてみます。

抜け対策は簡単です。ホイールのシャフトが刺さる穴を1.8mmのドリルで貫通して、72mmのシャフトを使うだけで大体okです。(今月は予算がもうありません)

 

ホイールのデザインによってはシャフトがはみ出るのでゴム管被せましょう。

あ、1度抜けたホイールは貫通してもすぐ抜けるので基本的に交換した方がいいです。(今月は予算がry…)

 

ホイール貫通は1番最初にやった方が良かったかもしれないですね。

 

ちなみにトレッドの広いX系シャーシは元から72mmシャフト使ってるのでこの方法は使えません。(どうやってるんだろ?)

 

さて本題。

駆動系の耐久性ですが予想通り、前後とも欠けてはいるのですがフロント側の欠け具合は少なくなっていました。やはりクラウンギヤとプロペラシャフトのクリアランスは詰めるのが正解かもしれません。

 

続いてコーナリングスピードに関してですが、すみません…未だに安定して完走出来ないのでタイム出てません。

なので見た感じ・体感になってしまうのですが、まぁちょっとは速くなったのではないでしょうか。数字で出てる訳ではないので信用度は高くないですが…。

 

ということで…今月はもう走れないのでここまで。

来月買う物も決まりました。72mmシャフトとホイール、あとはいい加減レーンチェンジで飛ぶのが嫌なので長いビス。

 

予算1000円って案外キツい…。

1ヶ月1000円ミニ四駆 4月号

はい4月になりました。どうもちょこです。

ということで今月のお買い物です。

f:id:choco3156:20210401121824j:image

消耗品のクラウンギヤとローラーセッティング用のFRPとスペーサーです。

 

まず少し駆動系に手を入れます。

前回の試走でクラウンギヤのダメージが目立っていたので対策と実験です。

f:id:choco3156:20210401122055j:image

リアのスパーギヤとクラウンギヤの間に1.5mmスペーサーを挟みます。これによってスパーとプロペラシャフトの干渉がなくなりクラウンギヤとプロペラシャフトのクリアランスは少し広くなります。

スペーサーとギヤの間はしっかりグリスアップしておきましょう。

 

続いてフロント…ですが写真撮り忘れました。

クラウンギヤの後ろに絶縁ワッシャーっていうのかな?モーター分解すると出てくる小さいワッシャーを挟みます。こちらはクラウンギヤとプロペラシャフトのクリアランスは狭くなります。

 

前回

立てた仮説通りならフロントはダメージが少なくなってリアは大きくなるはずです。

 

注:モーターの分解は公式も推奨している訳ではないのでバラす場合は自己責任で。(下手すると怪我します)レギュレーション的にはバラしたモーターの部品を使うのは問題ないはずです。

 

あとはFRPを説明書通りにつけて…

f:id:choco3156:20210401123213j:image

完成‼︎

これでローラー幅も広がったので理屈の上ではコーナーが少し速くなったはずです。

リアのビスは少し長いので必ず付属のゴム管を被せましょう。コースアウトした時に人に当たったら間違いなく怪我します‼︎

 

ちなみにまだこの状態だとレーンチェンジとジャンプは入らない確率の方が大きいです。なのでモーターをノーマルに下げてもいいと思います。

僕の場合はコースアウトさせるところからセッティングを始めるのでモーターはアトミックのままでやっていきます。

 

さて次回は実走して改善箇所の検証していきます。

 

 

1ヶ月1000円ミニ四駆③

今日は短時間ですが走らせに行ってきました。

f:id:choco3156:20210321230222j:image

んで、ARの素性を確認してきました。

速いです。意外とちゃんと飛んでます。

素組からの変更点はモーターをアトミック、プロペラシャフトを中空にしただけですが見た目の速度は結構出ていたと思います。

が、全く完走出来ず。

まずレーンチェンジがダメ。わかってはいた事ですが一度も入りません。やはり3レーンのレーンチェンジは鬼門です。

あとは着地で暴れます。

しかし何よりもいただけないのが…

f:id:choco3156:20210321231120j:imagef:id:choco3156:20210321231131j:image

少し見にくいですけど…クラウンギヤが欠けてます。ARはギヤが欠けるとは聞いていましたがここまでとは…。あとプロペラシャフトも伸びてました。何回もコースアウトしましたが、滞在時間30分程度でここまで駆動系にダメージが来るのは月予算1000円にはキツいですね。

ここはなんとかしなければ…

原因の仮説ですが、まずプロペラシャフトが伸びた原因は前進回転で回っている時はプロペラシャフトは後ろに引っ張られ続けています。それが着地等のタイミングで逆方向の力が加わるとシャフトは前に行きます。その状態でまた加速するとシャフトは後ろに引っ張られるのでその繰り返しで伸びてしまうのではないかと予測します。

次にクラウンギヤですが恐らくARシャーシの駆動能力(精度)に対してプロペラシャフトとクラウンギヤの遊びが大きい為、衝撃が加わってプロペラシャフトが暴れた際にギヤが舐めてしまったのではと思います。もしくは現状ノーマルタイヤなのでグリップが強すぎて駆動に負荷がかかり過ぎた可能性もあります。

 

対策ですが前提としてシャーシ等の加工が出来ないので、プロペラシャフトはもう少し詰めてギリギリのクリアランスにすれば延命できます。しかし根本的な解決にはならないので今のところ伸びたら新品に変えるがベストだと思います。

クラウンギヤの遊びに関してはギヤ後ろにワッシャー等の詰め物で対策可能です。

タイヤは予算がある時にスーパーハード辺りを投入。

レーンチェンジはそもそもローラーセッティング出来ていないしスタビも付いていないので後々パーツを買い足していけば良くなって行くと思います。

 

ということで来月買う物が決まりました。

最優先で予備のクラウンギヤと中空プロペラシャフト。次点でローラー周り。余裕が有れば72mmシャフトを買おうと思います。

 

 

 

1ヶ月1000円ミニ四駆②

f:id:choco3156:20210318190627j:image

こいつを育てていく…と言ったが、あれは嘘だ。

やっぱり俺達世代はこいつだろ‼︎

f:id:choco3156:20210318190807j:image

かっ飛べ‼︎マグナーーーム‼︎

いや、ぞうさんが可愛いからそのまま飾っておきたくなったんです。

というわけで1ヶ月1000円ミニ四駆の細かい縛りを書いておきます。

①予算は1ヶ月1000円

②余った予算は翌月に繰越

③キット・工具類・接着剤等は予算に含まない

④BーMAXレギュレーションで改造

以上‼︎

②が甘えな気がしますがここはご勘弁を。初めてミニ四駆やる人は最低限ニッパーとドライバーは用意しましょう。

 

では、早速今月のお買い物

f:id:choco3156:20210318193630j:image

合計税込781円

が、一個無駄な物買いました…今回作るマグナムはARシャーシなのですが公式サイト見るとARシャーシには紫ピニオン使えないみたい。

在庫にします。

さて、まずは買った物を使いつつ素組していきます。

基本は説明書通りに組みます。(グリスアップはとても大切です。)

追加でやっておいた方がいいかなってところ説明します。

まずタイヤ。走ってると絶対にタイヤ取れるので両面テープで貼りましょう。

f:id:choco3156:20210318200450j:image

サイクロンマグナムは前後でホイール違うので注意。

f:id:choco3156:20210318200726j:image

右が後ろです。

次にプロペラシャフト。中空シャフト買ったのでノーマルと変えていくのですがここで注意。

f:id:choco3156:20210318201020j:image

開けてすぐの状態だとフロントのピンククラウンに少し当たりそうなので少しギヤ部分を叩いて詰めてあげます。シャーシに付けた時前後に少し動くぐらいに調整しましょう。

次はモーター。アトミック使います。ここも一工夫。

f:id:choco3156:20210318201957j:image

ピニオンギヤつける時にモーターの軸にヤスリで軽く傷をつけて、俺の場合はロックタイトのネジロック剤使います。ない場合はマッキーでも塗っておきましょう。

理由は気が向いたら別に書きます。

そして9V電池で慣らします。

てことで完成。

f:id:choco3156:20210318202237j:image

ボディは後で塗装しようと思うのでシールなしでご勘弁を。

こんな感じで少しづつやっていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1カ月1000円ミニ四駆 創刊号

はじめましてちょこです。

少し前から(と言っても2年くらい前)ミニ四駆に復帰した2次ブーム世代です。

今回は思い付きと備忘録としてブログを始めてみました。

んで、ちょっと調べたら今の小学生の平均お小遣いが約1000円らしいので1ヶ月1000円縛りでやろうと思います。

自身の基礎の見直しができればいいかなと思います。

また、これから始めようかなと思っている人の参考になればと思います。

というわけで…

f:id:choco3156:20210318025155j:image

ぞうさんです。

こいつを育てていきたいと思います。